サッカーブログ

football.wiltern.jp

Jリーグに在籍する外国籍選手

投稿日:2017年2月13日

間もなく2017年のJリーグが開幕しますが、外国人選手について例年とは違った動きがあるようです。1つは外国人枠のルールが変更されたこと。そしてもう1つはパフォームとの大型契約(10年総額2,100億円)によってもたらされる資金力の向上があります。

外国人枠ルールの変更

昨年までは、国籍無条件の外国籍選手3名+アジア枠2名を登録可能でしたが、今年はアジア枠を含めた国籍無条件の外国籍選手5名登録できることになりました。
すなわち昨年までは不可能だったブラジル人を5人登録といったこともできるようになりました。ただし試合に出場できる選手は昨年までと同様に外国籍選手3名+アジア枠1名となります。
結局試合に出れる人数が変わらないなら意味ないじゃないかと思われるかもしれませんが、これまでにバックアップメンバーを充実させることもできますし、ACLを本気で狙いに行くチームにとってはターンオーバーもやりやすくなります。
また、これまでは外国籍選手=即戦力である必要があったわけですが、外国籍選手の育成を考えるチームも出てくるかもしれません。
いずれにしてもリーグのレベル向上に向けたポジティブな変更であると言えると思います。

登録人数 ベンチ入りまたは出場人数
16シーズン 国籍無条件:3名
アジア枠:2名
国籍無条件:3名
アジア枠:1名
17シーズン 国籍無条件:5名

大物外国人選手の獲得

パフォームがJリーグの放映権に10年総額2,100億円を拠出し、J1〜J3までの全試合をDAZNで配信することを発表しました。その恩恵は各チームにも波及し、優勝チームには21億5,000万円が支払われることが発表されています。
また、順位に関係なく分配される均等分配金も3億5,000万円と増額されています。これによって各チーム攻めの経営ができるとともに、優勝に対するモチベーションが一層強くなっていると思われます。
早速三木谷社長率いる楽天ヴィッセル神戸がポドルスキを獲得かと報じられましたが、こちらはどうやら実現しなかったようです。そして昨日、サンフレッチェ広島がファン・ペルシーの獲得を狙っているとの報道がでました。
今はトルコのフェネルバフチェに在籍しているファン・ペルシーですが、一昨年までマンチェスターユナイテッドのエースとしてプレミアリーグで点を取りまくっていました。
まだまだ一線級でやれるはずなので、リーグの人気面や競技レベルにとってこの上ない恩恵となるでしょう。是非実現してもらいたいです。

2017シーズン 各チームの外国籍選手状況

現時点での各チームの外国籍選手の状況をまとめました。

J1

北海道コンサドーレ札幌
GK ク・ソンユン(韓国)※アジア枠
MF ジュリーニョ(ブラジル)
MF キム・ミンテ(韓国)※アジア枠
MF マセード(ブラジル)
FW ヘイス(ブラジル)

ベガルタ仙台
MF パブロ・ジオゴ(ブラジル)
FW クリスラン(ブラジル)

鹿島アントラーズ
GK クォン・スンテ(韓国)
DF ブエノ(ブラジル)
MF レオ・シルバ(ブラジル)
FW ペドロ・ジュニオール(ブラジル)
FW レアンドロ(ブラジル)

浦和レッズ
DF イリッチ(スロベニア)
FW ラファエル・シルバ(ブラジル)
FW ズラタン(スロベニア)

大宮アルディージャ
MF マテウス(ブラジル)
FW ドラガン・ムルジャ(セルビア)
FW ネイツ・ペチュニク(スロベニア)

柏レイソル
DF ユン・ソギョン(韓国)
FW クリスティアーノ(ブラジル)
FW ディエゴ・オリヴェイラ(ブラジル)
FW ドゥドゥ(ブラジル)
FW ハモン・ロペス(ブラジル)

FC東京
MF ユ・インス(韓国)
FW ネイサン・バーンズ(オーストラリア)

川崎フロンターレ
GK チョン・ソンリョン(韓国)
DF エウシーニョ(ブラジル)
DF エドゥアルド(ブラジル)
MF エドゥアルド・ネット(ブラジル)
FW ハイネル(ブラジル)

横浜Fマリノス
DF パク・ジョンス(韓国)
DF ミロシュ・デゲネグ(オーストラリア)
MF マルティノス(オランダ)
MF ダビド・バブンスキー(スペイン)
FW ウーゴ・ヴィエイラ(ポルトガル)

ヴァンフォーレ甲府
DF エデル・リマ(ブラジル)
FW ウィルソン(ブラジル)
FW ドゥドゥ(ブラジル)
FW ガブリエル(ブラジル)

アルビレックス新潟
MF ジャン・パトリック(ブラジル)
MF チアゴ・ガジャルド(ブラジル)
MF ロメロ・フランク(ペルー)
FW ホニ(ブラジル)

清水エスパルス
DF ビョン・ジュンボン(韓国)
DF ヤコビッチ(カナダ)
MF キム・ボムヨン(韓国)
FW ミッチェル・デューク(オーストラリア)

ジュビロ磐田
GK カミンスキー(ポーランド)
MF ムサエフ(ウズベキスタン)
MF アダイウトン(ブラジル)

ガンバ大阪
DF ファビオ(ブラジル)
DF オ・ジェソク(韓国)
DF ペ・スヨン(韓国)
FW アデミウソン(ブラジル)
FW パトリック(ブラジル)

セレッソ大阪
GK キム・ジンヒョン(韓国)
GK アン・ジュンス(韓国)
DF マテイ・ヨニッチ(クロアチア)
MF ソウザ(ブラジル)
FW リカルド・サントス(ブラジル)

ヴィッセル神戸
GK キム・スンギョ(韓国)
MF ニウトン(ブラジル)
MF ウエスクレイ(ブラジル)
FW レアンドロ(ブラジル)

サンフレッチェ広島
MF フェリペ(ブラジル)
MF ミキッチ(クロアチア)
FW ピーター・ウタカ(ベルギー)
FW アンデルソン・ロペス(ブラジル)

サガン鳥栖
DF フランコ・スプットーニ(アルゼンチン)
DF キム・ミンヒョク(韓国)

J2

モンテディオ山形
DF イ・ジェスン(韓国)
MF ク・ボンヒョク(韓国)

水戸ホーリーホック
DF パウロン(ブラジル)
MF クォン・ヨンジン(韓国)

ザスパクサツ群馬
GK ハン・ホドン(韓国)
MF マテウス(ブラジル)
MF パク・ゴン(韓国)
FW イ・ガンウ(韓国)

ジェフユナイテッド千葉
DF ホルヘ・サリーナス(パラグアイ)
DF イ・ジュヨン(韓国)
MF アランダ(パラグアイ)
FW ラリベイ(アルゼンチン)

東京ヴェルディ
FW アラン・ピニェイロ(ブラジル)
FW ドウグラス・ヴィエイラ(ブラジル)

FC町田ゼルビア
DF ボリス・タタール(モンテネグロ)
DF キム・ソンギ(北朝鮮)
MF リ・ハンジェ(北朝鮮)

横浜FC
DF カルフィン・ヨン・ア・ピン(オランダ)
MF ジョン・チュングン(韓国)
MF ナ・ソンス(韓国)
FW イバ(ノルウェー)

湘南ベルマーレ
GK タンドウ・ベラピ(オーストラリア)
DF アンドレ・バイア(ブラジル)
MF シキーニョ(ブラジル)
FW ジネイ(ブラジル)

松本山雅FC
GK ゴ・ドンミン(韓国)
DF ヨ・ソンへ(韓国)
DF ジエゴ(ブラジル)
MF セルジーニョ(ブラジル)
MF パウリーニョ(ブラジル)

ツエーゲン金沢
DF メンデス(ブラジル)
DF キム・ヨンホン(韓国)
MF キム・テソン(韓国)

名古屋グランパス
DF シャルレス(ブラジル)
MF ワシントン(ブラジル)
MF フェリペ・ガルシア(ブラジル)
FW シモビッチ(スウェーデン)

FC岐阜
GK ビクトル(スペイン)
DF ヘキニ(ブラジル)
MF シシーニョ(スペイン)

京都サンガFC
MF ハ・ソンミン(韓国)
FW ケヴィン・オリス(ベルギー)
FW イ・ヨンジェ(韓国)

ファジアーノ岡山
GK イ・キョンテ(韓国)
DF チャン・ソグォン(韓国)
MF パク・ヒョンジン(韓国)
FW ワン・ジンビン(中国)

レノファ山口
なし

カマタマーレ讃岐
DF エブソン(ブラジル)
FW アラン(ブラジル)

徳島ヴォルティス
DF ニコラ・ヴァシリエヴィッチ(セルビア)
DF キム・ジョンピル(韓国)
MF カルリーニョス(ブラジル)
FW ニコラ・アシチェリッチ(セルビア)

愛媛FC
GK パク・ソンス(韓国)

アビスパ福岡
DF キム・ヒョヌン(韓国)
MF ダニルソン(コロンビア)
MF ジウシーニョ(ブラジル)
FW ウェリントン(ブラジル)
FW ウィリアン・ポッピ(ブラジル)

V・ファーレン長崎
FW ファンマ(スペイン)

ロアッソ熊本
DF イム・ジンウ(韓国)
DF ヤン・サンジュン(韓国)
FW グスタボ(ブラジル)

大分トリニータ
なし

J3

グルージャ盛岡
なし

ブラウブリッツ秋田
DF ハン・ホガン(韓国)

福島ユナイテッドFC
MF ヘナン(ブラジル)
FW アレックス(ブラジル)

栃木SC
GK ジョニー・レオーニ(スイス)

YSCC横浜
GK フィリップ・ウィフマン(ポーランド)
MF チョウ・シュアイ(中国)

SC相模原
DF ブレーノ(ブラジル)
DF ルーカス(ブラジル)
MF サムエル(ブラジル)
FW ジョン(ブラジル)
FW シンバ(ブラジル)

AC長野パルセイロ
なし

カターレ富山
FW パブロ(ブラジル)
FW ハン・スンヒョン(韓国)

藤枝MYFC
なし

アスルクラロ沼津
なし

ガイナーレ鳥取
FW バルチ・ジュニオール(ブラジル)

ギラヴァンツ北九州
なし

鹿児島ユナイテッドFC
なし

FC琉球
DF キム・ヒョンボム(韓国)
MF カン・ジュガん(韓国)
FW チェ・ビョンギル(韓国)

注目は、若手実力者を補強した横浜Fマリノスと、ごっそり入れ替わった印象の新潟でしょうか。横浜Fマリノスはシティグループ傘下の利点をようやく見せ始められるか注目です。
新潟はブラジル人選手の目利きに定評がありますが、いつも他のチームに持って行かれてしまいます。それでも毎回素晴らしい選手を補強できるのはスカウトの腕力でしょうか。
今回も楽しみです。

下位リーグになると運営資金の問題もあり外国人選手が少なくなり、J3に至っては1人も所属していないチームが6チームにも登ります。
そんな中、SC相模原がブラジル人選手を5人揃えているのには注目です。

国別にみるとやはりブラジル人が圧倒的に多いですが、それについで韓国人もかなり増えてきました。特に韓国人GKがかなり増えています。
韓国は密かにGK大国なのでしょうか?ヨーロッパの選手も徐々に増えてきています。

ただやはり、ネームバリューのある選手がほとんどおらず、若干寂しい気がします。
広島さんにファン・ペルシーを獲得してもらって、楽天ヴィッセルさんにもリベンジで誰か大物を獲得してもらいたいですね。
引退を表明したランパードなんかもあと1、2年はやれると思うのですが。

関連記事

サッカーU19日本代表メンバー発表

U20ワールドカップの開幕を直前に控え、U19のメンバーも発表されました。U19日本代表はフランスで開催されるトゥーロン国際大会に出場します。 U20に選ばれなかった悔しさをぶつけ、東京オリンピックメ …

サッカー界ゴールデンエイジの今

時は遡ること1999年。トルシエ監督に率いられ、小野伸二や高原直泰らを擁したU-20日本代表はワールドユース(現U-20ワールドカップ)で準優勝を遂げた。その翌年のシドニーオリンピックのベスト8、20 …

実はあの選手も!?海外リーグに所属した現役Jリーガー

昨今、海外リーグで活躍する日本人が増えてきましたが、海外で積んだ経験をJリーグに持ち帰ってくれることでJリーグのレベルも上がり、人材も多彩になります。今回はかつて海外リーグに在籍したことのある現役Jリ …

2019 NextGenerationMatch出場メンバー発表

2019年2月16日に埼玉スタジアム2002で開催される、Next Generation Matchの出場メンバーが発表されました。 U18 Jリーグ選抜 ポジション 背番号 選手名 所属 生年月日 …

W杯最終予選直前!サッカー日本代表に呼んでほしい選手11選

2017年3月23日よりロシアW杯最終予選が再開しますが、ハリルホジッチ監督が就任してからまだ招集されていない選手の中で、是非呼んで欲しい選手を紹介します。 GK:シュミット ダニエル(ベガルタ仙台) …