サッカーブログ

football.wiltern.jp

実はあの選手も!?海外リーグに所属した現役Jリーガー

投稿日:

昨今、海外リーグで活躍する日本人が増えてきましたが、海外で積んだ経験をJリーグに持ち帰ってくれることでJリーグのレベルも上がり、人材も多彩になります。今回はかつて海外リーグに在籍したことのある現役Jリーガーを紹介します。

三浦知良
現所属チーム:横浜FC
海外所属チーム:サントス(ブラジル)、パルメイラス(ブラジル)、マツバラ(ブラジル)、CRB(ブラジル)、キンゼ・デ・ジャウー(ブラジル)、コリチーバ(ブラジル)、ジェノア(イタリア)、ディナモ・ザグレプ(クロアチア)、シドニーFC(オーストラリア)
言わずと知れた日本サッカー界のレジェンド。当時世界最高峰リーグのセリエAに挑戦するなど、日本人選手の海外進出のパイオニア的存在。

中村俊輔
現所属チーム:横浜FC
海外所属チーム:レッジーナ(イタリア)、セルティック(スコットランド)、エスパニョール(スペイン)
セルティックではチャンピオンズリーグで芸術的なフリーキックを決め、チームの決勝トーナメント初進出に大きく貢献し、自身も日本人初のチャンピオンズリーグでの得点者となった。

小野伸二
現所属チーム:FC琉球
海外所属チーム:フェイエノールト(オランダ)、ボーフム(ドイツ)、ウェスタン・シドニー(オーストラリア)
フェイエノールト時代には移籍後すぐに中心メンバーに定着し、UEFAカップの優勝に大きく貢献。正確な技術はオランダ、ドイツでも十分に通用した。

松井大輔
現所属チーム:横浜FC
海外所属チーム:ル・マン(フランス)、サンテティエンヌ(フランス)、グルノーブル(フランス)、トム・トムスク(ロシア)、ディジョン(フランス)、スラヴィア・ソフィア(ブルガリア)、レヒア・グダニスク(ポーランド)、オードラ・オポーレ(ポーランド)
ル・マンに移籍するとすぐにスタメンに定着しチームの1部昇格に貢献。以降チームの中心として活躍。その後チームを変えながらも持ち前のテクニックを存分に発揮した。

大久保嘉人
現所属チーム:東京ヴェルディ
海外所属チーム:マジョルカ(スペイン)、ヴォルフスブルク(ドイツ)
マジョルカではデビュー戦でゴールを決めるなど上々のスタートを切ったが、怪我の影響や監督交代なども災いしレギュラー定着には至らなかった。

井手口陽介
現所属チーム:ガンバ大阪
海外所属チーム:リーズ・ユナイテッド(イングランド)、クルトゥラル・レオネサ(スペイン)、グロイター・フュルト(ドイツ)
労働ビザの問題や監督の構想外などで2度のレンタルを経験することとなりインパクを残せなかった。まだ若いのでこの経験を糧にもう一度日本代表で輝いてほしい。

伊藤翔
現所属チーム:鹿島アントラーズ
海外所属チーム:グルノーブル(フランス)
高卒後、Jリーグを経由せず直接海外チームに所属した最初の選手。かつて名将アーセン・ベンゲルに見定められ「和製アンリ」と賞賛されるも海外では結果を残せなかった。

伊野波雅彦
現所属チーム:横浜FC
海外所属チーム:ハイドゥク・スプリト(クロアチア)
クロアチアを足掛かりに上位リーグへの移籍を目指していたが、給与未払いを理由に半年でチームを退団。志半ばに海外挑戦を断念した。

内田篤人
現所属チーム:鹿島アントラーズ
海外所属チーム:シャルケ(ドイツ)、ウニオン・ベルリン(ドイツ)
シャルケでは主力として活躍し、チャンピオンズリーグにも出場、ゴールも決めた。計7シーズンを過ごしたものの後半は怪我の影響で出場機会が激減。怪我さえなければまだまだ活躍できたと思うと非常にもったいなかった。

宇佐美貴史
現所属チーム:ガンバ大阪
海外所属チーム:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、ホッフェンハイム(ドイツ)、アウクスブルク(ドイツ)、デュッセルドルフ(ドイツ)
日本の至宝はヨーロッパ最高峰クラブのバイエルンに移籍するもリベリー、ロッペン、ミュラーなどのワールドクラスの壁は厚く、レンタル移籍を余儀なくされた。そこそこの実績を残したものの、本人の実力からすれば不本意なはず。Jリーグでは突出しているだけにもう一度チャレンジしてもらいたい。

森本貴幸
現所属チーム:アビスパ福岡
海外所属チーム:カターニャ(イタリア)、ノヴァーラ(イタリア)、アル・ナスル(UAE)
15歳にしてJ1初出場、初ゴールを決めると18歳にして早くもセリエAに昇格したカターニャに移籍。まだ海外で成功したといえる日本人ストライカーがいない中、異例の高評価を受けた。最高峰のリーグで苦戦を強いられるが、レギュラーとして得点を重ねる時期もあり、一定の結果を残した。

金崎夢生
現所属チーム:名古屋グランパス
海外所属チーム:ニュルンベルク(ドイツ)、ポルティモネンセ(ポルトガル)
ドイツでは結果を残せなかったが、その後移籍したポルトガルでは3シーズンに渡り活躍した。

槙野智章
現所属チーム:浦和レッズ
海外所属チーム:1.FCケルン
出場機会はほとんど得られず決して成功とはいえなかったが、大柄なディフェンダーが大挙するドイツにおいてセンターバックとして移籍した実績は賞賛に値する。

林彰洋
現所属チーム:FC東京
海外所属チーム:プリマス・アーガイル(イングランド)、オリンピック・シャルルロワ (ベルギー)
大学在学中に海外チームと契約をするという異例のケース。海外ではほとんど出場機会に恵まれなかったが、特に海外移籍が難しいゴールキーパーというポジションで高い評価を受けた。

指宿洋史
現所属チーム:湘南ベルマーレ
海外所属チーム:ジローナ(スペイン)、レアル・サラゴサ(スペイン)、サバデル(スペイン)、セビージャ(スペイン)、オイペン(ベルギー)、バレンシア(スペイン)
柏レイソルの下部組織からトップチームへ昇格せずに直接移籍。下部リーグ中心であったものの、海外で実践経験を重ねた貴重なケースとなった。

千葉和彦
現所属チーム:名古屋グランパス
海外所属チーム:アペルドールン(オランダ)
高校卒業後、Jリーグクラブからのオファーがなかったため単身オランダへ渡り、オランダ2部リーグのアペルドールンに入団テストを経てアマチュア契約を締結。


渡辺凌磨
現所属チーム:モンテディオ山形
海外所属チーム:インゴルシュタット(ドイツ)
NIKEが主催する「NIKE MOST WANTED」にて日本人初となるナイキアカデミーへの参加によりインゴルシュタットU-23からのオファーを受け、進学したばかりの早稲田大学を中退して海外挑戦。トップチームへ昇格するも出場機会を得られず、帰国するに至った。

以下、経歴のみ
阿部勇樹
現所属チーム:浦和レッズ
海外所属チーム:レスター(イングランド)

大黒将志
現所属チーム:栃木SC
海外所属チーム:グルノーブル(フランス)、トリノ(イタリア)、杭州緑城(中国)

家長昭博
現所属チーム:川崎フロンターレ
海外所属チーム:マジョルカ(スペイン)、釜山現代(韓国)

柿谷曜一朗
現所属チーム:セレッソ大阪
海外所属チーム:バーゼル(スイス)

清武弘嗣
現所属チーム:セレッソ大阪
海外所属チーム:ニュルンベルク(ドイツ)、ハノーファー(ドイツ)、セビージャ(スペイン)

酒井高徳
現所属チーム:ヴィッセル神戸
海外所属チーム:シュトゥットガルト(ドイツ)、ハンブルガーSV(ドイツ)

太田宏介
現所属チーム:名古屋グランパス
海外所属チーム:フィテッセ(オランダ)

安田理大
現所属チーム:ジェフユナイテッド千葉
海外所属チーム:フィテッセ(オランダ)、釜山アイパーク(韓国)

山口蛍
現所属チーム:ヴィッセル神戸
海外所属チーム:ハノーファー(ドイツ)

山田大記
現所属チーム:ジュビロ磐田
海外所属チーム:カールスルーエ(ドイツ)

李忠成
現所属チーム:京都サンガ
海外所属チーム:サウザンプトン(イングランド)

梅崎司
現所属チーム:湘南ベルマーレ
海外所属チーム:グルノーブル(フランス)

永井謙佑
現所属チーム:FC東京
海外所属チーム:スタンダール・リエージュ(ベルギー)

昌子源
現所属チーム:ガンバ大阪
海外所属チーム:トゥールーズ(フランス)

鈴木大輔
現所属チーム:浦和レッズ
海外所属チーム:ジムナスティック・タラゴナ(スペイン)

長澤和輝
現所属チーム:浦和レッズ
海外所属チーム:1.FCケルン(ドイツ)

関根貴大
現所属チーム:浦和レッズ
海外所属チーム:インゴルシュタット(ドイツ)、シント・トロイデン(ベルギー)

長谷川アーリアジャスール
現所属チーム:名古屋グランパス
海外所属チーム:レアル・サラゴサ(スペイン)

大津祐樹
現所属チーム:横浜F・マリノス
海外所属チーム:ボルシアMG(ドイツ)、VVVフェンロ(オランダ)

大前元紀
現所属チーム:ザスパクサツ群馬
海外所属チーム:デュッセルドルフ(ドイツ)

小野裕二
現所属チーム:ガンバ大阪
海外所属チーム:スタンダール・リエージュ(ベルギー)、シント・トロイデン(ベルギー)

矢野貴章
現所属チーム:栃木SC
海外所属チーム:フライブルク(ドイツ)

豊川雄太
現所属チーム:セレッソ大阪
海外所属チーム:オイペン(ベルギー)

西村拓真
現所属チーム:ベガルタ仙台
海外所属チーム:CSKAモスクワ(ロシア)、ポルティモネンセ(ポルトガル)

水野晃樹
現所属チーム:SC相模原
海外所属チーム:セルティック(スコットランド)

田坂祐介
現所属チーム:ジェフユナイテッド千葉
海外所属チーム:ボーフム(ドイツ)

高木善朗
現所属チーム:アルビレックス新潟
海外所属チーム:ユトレヒト(ベルギー)

風間宏希
現所属チーム:FC琉球
海外所属チーム:ロウレターノ(ポルトガル)、コブレンツ(ドイツ)

小池裕太
現所属チーム:セレッソ大阪
海外所属チーム:シント・トロイデン(ベルギー)

金城ジャスティン俊樹
現所属チーム:ザスパクサツ群馬
海外所属チーム:1860ミュンヘン(ドイツ)、デュッセルドルフ(ドイツ)

阿部拓馬
現所属チーム:FC琉球
海外所属チーム:アーレン(ドイツ)、釜山現代(韓国)

田邉草民
現所属チーム:アビスパ福岡
海外所属チーム:サバデル(スペイン)

ファンティーニ燦
現所属チーム:福島ユナイテッド
海外所属チーム:チェゼーナ(イタリア)

坂井大将
現所属チーム:ガイナーレ鳥取
海外所属チーム:テュビズ(ベルギー)

志村謄
現所属チーム:町田ゼルビア
海外所属チーム:ベラネ(モンテネグロ)、モルナル(モンテネグロ)、ボケリ(モンテネグロ)、スティエスカ・ニクシッチ(モンテネグロ)、スパルタク・スボティツァ(セルビア)

澤田恒
現所属チーム:湘南ベルマーレ
海外所属チーム:ギンスハイム(ドイツ)、RWフランクフルト(ドイツ)、オッフェンバッハ(ドイツ)

関連記事

サッカー2017ナショナルGKキャンプ参加メンバー

2017年2月10日から12日の3日間、大分県で行われるナショナルGKキャンプの参加メンバーが発表されました。 参加メンバー(2017.2.2発表) 選手名 所属 生年月日 身長 体重 中野 小次郎 …

2018 NextGenerationMatch出場メンバー発表

2018年2月10日に埼玉スタジアム2002で開催される、FUJI XEROX SUPER CUP 2018の前座として行われるNext Generation Matchの出場メンバーが発表されました …

U18 Jリーグ選抜メンバー発表

2017年2月18日にXEROX SUPER CUPの前座として行われるNEXT GENERATION MATCHで日本高校選抜と対戦する、U18Jリーグ選抜のメンバーが発表されました。 参加メンバー …

日本サッカー界の救世主!?海外にルーツを持つサッカー選手達(FW編)

シリーズ最後はFW編です。人材のグローバル化によって日本代表の長年の課題である決定力不足が解消される日は近いかもしれない。世界の屈強なディフェンダーたちと対峙できる逸材を紹介する。 鈴木武蔵 所属:北 …

日本サッカー界の救世主!?海外にルーツを持つサッカー選手達(DF編)

シリーズ第2段はDF編です。世界と戦うには速さと高さが必要ですが、それは日本人の弱点でもあります。世界で勝つために、海外にルーツを持つ彼らの躍進を期待したいところです。 酒井高徳 所属:ヴィッセル神戸 …